新型コロナウイルス感染症での共済金請求総合ページ

新型コロナウイルス感染症に罹患された方々、ならびにご家族、関係者の皆様に謹んでお見舞い申し上げます。

全国共済における、新型コロナウイルス感染症の共済金請求に関する取り扱いについて、以下のとおりお知らせいたします。

新型コロナウイルス感染症に対する共済金のお支払いについて

1.入院・自宅療養などについて

新型コロナウイルス感染症により入院等をされた場合は、病気による共済金の支払対象となります。

新型コロナウイルス感染症(陽性)と診断され、医療機関の事情等のため、医師の指示等により臨時施設(指定されたホテルなど)または自宅で治療・療養している場合についても、その期間に関する医師の証明書等(診断書、保健所等からの書類・神奈川県の療養証明書[自主療養専用]の写しなど)をご提出いただくことで、入院共済金等のお支払いの対象といたします。

⇒いずれも請求対象です。お支払いの際には医療機関や保健所、自治体等の証明書等が必要となります。

  • 濃厚接触者として外出自粛の要請を受けている状態は保障対象外です。

2.死亡・重度障害について

新型コロナウイルス感染症を直接の原因として共済金の支払事由が生じた場合は、病気による共済金の支払対象となりますが、
以下のコースにご加入の場合、死亡共済金または重度障害共済金については、不慮の事故による共済金と同額の共済金が支払対象となります。

基本コース
  • こども型*1
  • 総合保障型
    総合保障型+入院保障型
  • 生命共済型
  • 熟年型*2
    熟年型+熟年入院型
  • *1契約者死亡共済金も、同様の取り扱いとなります。なお、契約者死亡共済金は、加入年月日(契約日)から1年経過後の保障期間内の死亡が対象となります。
  • *2熟年2.5型を除く。

ご請求に必要な書類

当組合からの共済金請求書類の他に、以下の証明書が必要となります。

内容 ご用意いただく証明書
受診し、検査もしくは
症状で医師が陽性と診断をした。

自宅・ホテル等で療養をした場合

・自治体、保健所等が発行する療養期間証明書・就業制限通知書など(コピー可)。

*病名と療養期間が記載されたもの

医療機関で入院をした場合

・入院した医療機関が発行する領収書や診断書、退院証明書など(コピー可)。

*入院期間が記載されたもの

病院外の検査で陽性となり、
自宅療養となった。

神奈川県の自主療養届出システムを利用した場合

・神奈川県が発行する療養証明書(自主療養専用)。コピー可。

*「自主療養届」は使用できません

  • 厚生労働省の「新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム(HER-SYS)」をご利用の方で療養期間が10日以内の場合は、「My HER-SYS」で表示された療養証明書を印刷したもので請求が可能です。
  • 上記にあてはまらない場合や、ご不明な点等ありましたら全国共済にお問い合わせください。
  • 自治体・保健所等の問い合わせ窓口はこちら

ご請求の流れ

治療、療養期間が終了した時点で、全国共済へ共済金請求書類の発行をご依頼ください。
お電話または、インターネットでお受け付けしています。

〇お電話での請求

0120-044-123

営業時間 平日 9:00-17:30

定休日 土・日・祝日

※おかけ間違いにご注意ください

〇インターネットでの請求

(マイページサービス)

マイページからのご請求は

マイページからのご請求は、インターネットで24時間、都合の良いタイミングでご請求いただけます。

  1. ❶ご加入者のマイページの登録を行います。新規登録はこちら
  2. ➋登録後、ログイン。共済金請求ページに移動してください。
  3. ❸必要事項を入力して完了。ご入力の際の注意事項はこちら 後日ご自宅に共済金請求用紙が届きます。
  • ご加入状況によってはお受け付けができない場合があります。その場合はお電話での請求手続きをお願いいたします。
  • 死亡共済金、重度障害共済金につきましてはお電話でのみお受け付けしています。

●届いた書類に必要事項を記入し、証明書のコピーを同封して返送ください。
→届いた共済金請求用紙の記入例はこちら

証明書等の発行について

入院共済金のご請求の際には入院期間もしくは、指定された療養期間が確認できる証明書(コピー可)の提出をお願いしています。

内容によって発行元が異なります。以下を参考にお手続きをお願いします。

  • 神奈川県にお住まいの方の情報です。県外にお住まいの方は、居住地の自治体等にお問い合わせください。

受診し、自宅療養となった方・宿泊施設をご利用の方

お住まいの市町村ごとの、申請先一覧がご確認いただけます

療養証明書(新型コロナウイルス感染症専用)について - 神奈川県ホームページ(pref.kanagawa.jp)

*神奈川県のホームページが別ウインドウで開きます

  • 厚生労働省の「新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム(HER-SYS)」をご利用の方で療養期間が10日以内の場合は、「My HER-SYS」で表示された療養証明書を印刷したもので請求が可能です。

神奈川県の自主療養システムを利用した方

新型コロナ 自主療養について - 神奈川県ホームページ(pref.kanagawa.jp)

*神奈川県のホームページが別ウインドウで開きます

上記ページから療養証明書(自主療養専用)を申請してください。自主療養届では手続きができません。

病院に入院した方

▶ 入院した医療機関が発行する領収書や診断書、退院証明書など(コピー可)をご用意ください。

  • 入院期間が記載されたもの
  • 死亡共済金・重度障害共済金につきましては全国共済までお問い合わせください。

新型コロナウイルス感染症に関するよくある質問(FAQ)

▶ 新型コロナウイルス感染症の検査で陽性となり、自宅療養となりました。保障の対象ですか?

→ 入院を伴わない自宅・宿泊施設での療養につきましても、証明書等の提出により病気による入院共済金の対象となります。

▶ 共済金の請求は、どのタイミングで行えばいいですか?

→ 入院や自宅療養が終了した時点で共済金請求用紙の申請をお願いします。

▶ 新型コロナウイルス陽性者の濃厚接触者となりました。保障の対象となりますか?

→検査や診察で陽性の診断がない場合は、保障対象外となります。

▶ マイページで請求をしようと思います。感染した家族全員をまとめてできますか?

→一つのマイページにつき、ご加入者本人分のみ手続きが可能です。お手数ですが、複数名の場合はそれぞれ登録と申請をお願いいたします。

▶ 証明書の提出は、原本でなければなりませんか。

→証明書等は原本でなく、コピーで構いません。

▶ 証明書の発行が遅れており、2~3か月以上かかると言われています。いつまで請求は可能ですか。

→共済金支払事由が生じてから3年間、請求が可能です。証明書等が手元に届いてからご請求ください。

▶ 新型コロナウイルス感染症の検査で陽性となり、自宅療養となりました。医療特約の「入院一時金」も保障の対象ですか?

→ 実際入院をしていなくても、入院一時金の対象となります。

▶ 新型コロナウイルスでの自宅療養の請求用紙が届きました。書き方を教えてください。

→右記のリンクを参考にご記入をお願いします。共済金請求用紙のご記入例

全国共済へのお問い合わせ

全国共済神奈川県生活協同組合
〒231-0014 横浜市中区常盤町5-60
0120-044-123
営業時間 平日 9:00-17:30 定休日 土・日・祝日
◆窓口での対応時間、普及推進指針等についてはこちらをご覧ください。

※ このお知らせは2022年6月17日時点のものです。お知らせの追加、更新を行う場合は改めて当ホームページにてご案内いたします。